「色の手帖」

手元に1988年刊行の「色の手帖」という本があります。
f0232598_11512526.jpg


日常呼びならわしている色の名前は、
実は人によって思い起こすイメージは異なるものです。
そこを敢えて、「一般的」なイメージの見本を載せているこの本。

日本の伝統的な色名に触れる参考書のようなものです。

たとえば、茶系のページ。
f0232598_10354837.jpg

歌舞伎役者の名前がついています。

20年以上も前の本で印刷の色は褪せてきていますが、
時々ながめては伝統色の風情を楽しんでいます。
[PR]
by the_perfect_sky | 2010-05-28 11:37 | 見本帳