北欧(16) 2012.8.29 WED・・・コペンハーゲン市内:名所ひと巡り②

前回に引き続き、コペンハーゲン市内を廻ります。

オペラハウス。
デンマークを代表する建築家ヘニング・ラーセンの設計で、2004年完成。
内装にも贅を尽くしてかかった数百億円の建築資金は、なんと個人の実業家の出資。
竣工後に建物を国に寄付したという、スケールの大きな話です。
f0232598_18501569.jpg

オペラハウスはアマリエンボー宮殿の対岸です。
アマリエンボー宮殿は、八角形の広場を囲む4つのロココ調の建物から成っています。
f0232598_1850470.jpg

f0232598_18511719.jpg

クレヨン形の詰所の前に立つ衛兵。
やっぱりおとぎ話の世界です^^
f0232598_18514781.jpg

広場の舗装①。
f0232598_18522025.jpg

広場の舗装②。
f0232598_18524330.jpg

強い日差しで影が濃いですが、気温は23℃。
f0232598_1853172.jpg

王宮から移動してウォーターフロントのニューハウン地区へ。
アンデルセンも一時住んでいたという港町。
美しい街並みで有名な観光地ですので、たいへんな人出です。
f0232598_18535325.jpg

f0232598_18544383.jpg

どこを見ても絵になるコペンハーゲン。
ここから塔のある風景をいくつかご紹介します。
f0232598_1855481.jpg

f0232598_18561591.jpg

f0232598_18571614.jpg

f0232598_18585993.jpg

f0232598_19235186.jpg

チボリ公園の方を見つめるアンデルセンの像。
チボリ公園は、1843年開園の世界最古のテーマパーク。
ウォルト・ディズニーが訪れ、ディズニーランドのモデルにしたと言われています。
f0232598_1922558.jpg

入園したこの時間、午後8時過ぎです。
入園料は大人約1,000円で、乗り物は別料金。
園内を見て歩くだけでもかなり楽しめます。
全体にレトロな雰囲気で、私はディズニーランドより好きになってしまいました。
f0232598_1912286.jpg

これ、フリーフォールのようなアトラクションです。
f0232598_19123686.jpg

園内にはレストラン、カフェ、お土産物屋さんが多数あります。
f0232598_1913132.jpg

9時過ぎるとだいぶ暗くなってきました。
青く光るステージがまた別世界の雰囲気。
f0232598_19132037.jpg

イルミネーションを見て歩くだけでも楽しいものです。
f0232598_19135381.jpg

f0232598_19141761.jpg

f0232598_19143998.jpg

夕飯はここ、日本食レストラン「ワガママ」。
店名とおしゃれな内装のギャップが面白くて入ってしまいました。
f0232598_191591.jpg

ラーメンが115DKR(約1,600円)ですから、だいぶ高いですね。
f0232598_191534100.jpg

店内は夜遅い時間にもかかわらず、けっこうな混み具合。
ほとんど欧米人で、器用に箸を使う人も多かったです。

サーモンラーメン、餃子、焼きそばを頼んでみました。
焼きそばは麺が軟らかすぎましたが、おおむねベーシックな味でした。
f0232598_19161470.jpg

f0232598_19163683.jpg

古い可愛いものと新しいカッコいいものが、
街の中に違和感なく並び立っているコペンハーゲン。
着いてたった半日で、たくさんのデザイン的感動を味わうことができました。

・・・北欧(17)へ続きます。
[PR]
by the_perfect_sky | 2012-11-04 19:20 | 2012北欧研修