2012年 09月 27日 ( 1 )

ヘルシンキで迎える初めての朝。
早々に目が覚めてしまいましたが、この日は日曜日。
ホテルの朝食が遅い8時からでしたので、
その前にホテル周辺の散歩に出かけました。

ホテルのカフェ入口。
ガラスを多用したモダンな造り。
f0232598_181125.jpg

中央の柵は、トラム(市電)の停車場の範囲です。
f0232598_18115891.jpg

日曜日の朝7時半ごろ。人通りはまだありません。
f0232598_18124673.jpg

横断歩道。色違いの石使いで舗装されています。
f0232598_18192934.jpg

ホテルから5分ほど歩くと、ヘルシンキ中央駅に着きます。
f0232598_1820789.jpg

エリエル・サーリネンの設計で、1919年竣工。
f0232598_18204857.jpg

木製のドアを開けて中に入ります。
f0232598_18212094.jpg

外形のままのドームの高さに対し照明をかなり低い位置まで下げているので、
大きな空間なのに圧倒するような権威的なところがなく、落ち着けます。
f0232598_18214877.jpg

列車を待つのも苦にならない!?
スレートと木、漆喰のレリーフの取り合わせによる装飾も、なじみやすい雰囲気を醸している一因かもしれません。
f0232598_18222147.jpg
f0232598_18225550.jpg

f0232598_18232230.jpg

下の写真、木製スタンドはお寿司のテイクアウトショップです。
f0232598_18241371.jpg

3都市とも、お寿司屋さんはよく見かけました。
サーモンや貝の類が多いです。
f0232598_1824588.jpg

日曜の朝の静かな駅を堪能して、また街に出ました。

R kioski。コンビニのようなもので、ところどころで見かけます。
f0232598_18253533.jpg

ポップな構えでありながら、基調色のブルーと黄色が抑えめの色みです。

中央郵便局。オレンジ色と空色がテーマカラー。
f0232598_1826578.jpg

R kioskiもそうですが、ポップなデザインでも町なかで浮かない匙加減。いいですねぇ。
下の写真はポスト。
f0232598_18265489.jpg



郵便局を通りすぎて、視界が開けた方向へ歩いていきます。
f0232598_18273162.jpg

左の丸みのある建物が「現代美術館キアズマ」、その奥のガラス張りが「ミュージックホール」。
さらに奥に小さく見えている白いトンガリが、
フィンランドの英雄的建築家アルヴァ・アアルト設計の「フィンランディアホール」です。

ぶらぶらとお散歩をするのにいい天気。この日もよく晴れました。
この時期はわりと雨の日もあり、降ると冷え込むと聞きましたが、今回の旅の間、総じて天気には恵まれました。
3都市の現地ガイドさん全員に「昨日まで雨でずいぶん寒かったのに、今日は晴れてよかったですね」と言われました・・・!
f0232598_1828577.jpg


・・・北欧(3)へ続きます。
[PR]
by the_perfect_sky | 2012-09-27 18:37 | 2012北欧研修