2012年 09月 29日 ( 1 )

朝の散歩をして一旦ホテルへ戻りました。
朝食の時間です。
f0232598_9124232.jpg

私は珍しいものはまず食べてみる方です。
麦?のおかゆは砂糖とシナモンをかけています。
右のお皿の手前は、Karjalanpiirakka(カルヤランピーラッカ)というパン。
パンというには硬めの生地の中に、煮たお米がフィリングとして入っています。
うっすらと甘みがありました。

他には豆のトマトスープ煮、
酢漬けニシン、ニシンのマスタードあえ、
酸味のつよいナッツ入りの黒パンと酸味の少ないクリームチーズなどなど。

下の写真はシリアル台。
f0232598_9131822.jpg

チーズやシリアルは種類が豊富で、
スモークサーモン、酢漬けのニシン、生ハムは欠くことなくありました。
f0232598_2150414.jpg


生野菜はレタスときゅうり、トマト程度ですが、ドレッシングは置いていません。
オリーブオイル、塩こしょうで自分で味付けました。

毎日このような食事でしたが、日本食が恋しくなるようなこともなく、
日々いろんな組み合わせを楽しみました。
f0232598_9141621.jpg

朝食をとるレストランの一角、暖炉が燃えています。
この時の外気温、16℃。
食後はまたホテル周辺の散歩へ出かけました。

ホテルから歩いて10分くらいのところにあるミュージックホール。
2011年9月にオープンしたばかりです。
f0232598_9145722.jpg

フィンランド大使館のHPに建設の経緯が詳しく書かれています。
このすぐ先にある「フィンランディアホール」は、
アルヴァ・アアルト最後の作品として記念碑的建築ですが音響には難があり、
新しい音楽ホールの建設が待たれていたヘルシンキ。

2000年のコンペでフィンランドのLPR設計事務所が決まり、
音響設計で世界的に評価の高い、日本の永田音響設計との協力により完成に至ったということです。

次にヘルシンキに行けたら、ここでオーケストラを聴きたいです。
内部の写真が紹介されているのを見ると、内装がメタルと木材のミックスでカッコいい!
音響の良さも間違いないようです。

ミュージックホール前の彫刻。
鮭と薪?
さすがサーモンが有名で暖炉が身近な国、ということでしょうか^^
f0232598_9151469.jpg



ミュージックホールを過ぎてフィンランディアホールに向かう途中、
可愛いこじんまりした建物がありました。
f0232598_9161665.jpg

2階の中央にかかっている看板に、「MADE IN HKI 1700-2012」とあります。

ここは博物館の別館として、ヘルシンキ製品の歴史を辿る展示をおこなっている場所でした。

ヘルシンキは今年、国際インダストリアルデザイン団体協議会により選定された
「ワールドデザインキャピタル」
なのです。

「ワールドデザインキャピタル ヘルシンキ2012」
http://wdchelsinki2012.fi/en

2008年に始まったばかりのこの取り組み、
2008年のイタリア・トリノ、2010年の韓国・ソウルに続くのが、今年のヘルシンキです。

「デザインで都市の文化や経済を発展させ、生活の質を向上させている都市」として選ばれており、
今年ヘルシンキ周辺ではそういったテーマで様々なイベントがおこなわれています。

日本ではインテリア系のサイトや雑誌などに少し取り上げられる程度で、
私も開催の全容はよくわからないままヘルシンキに来てしまったのですが、
ここもそのイベントの一つだったようです。
朝早くて開館していなかったのが残念。

敷地内の別棟。
f0232598_9164895.jpg

これは元納屋?草屋根です。
f0232598_9171193.jpg

さらに歩いて、フィンランディアホールに到着。
アルヴァ・アアルト設計で1970年代に完成した、国際会議場兼音楽ホール。
f0232598_9173481.jpg
f0232598_9181553.jpg

f0232598_9184486.jpg

写真集などでは白い塊のように見え、もっと大きな建物を想像していました。
実際大きい建物ではありますが、近づいてみると人を威圧するような感じがありません。
大理石の模様や貼り方のためか、入口フロアの天井の低さのためか?

内部もたぶん、建物の大きさのわりには親しみやすい空間なのではないかと想像しました。
中に入れないとつまらないですね。

ここからマンネルヘイム大通りを通って、ホテルに向かって引き返します。

国立博物館。
中央駅を設計したエリエル・サーリネンも設計者の一人です。
f0232598_9192591.jpg

国会議事堂。
f0232598_9201512.jpg

フィンランドは長くスウェーデン→ロシアの支配下にあり、ようやく独立したのが1917年。
ヘルシンキが正式な首都になったのもこの時で、
この後サーリネンらによって都市の再開発がされています。
そのため20世紀初頭に建築されたものが多く、他のヨーロッパの主要都市と比べてずいぶん新しい街です。

ヘルシンキ現代美術館キアズマ。
アメリカ人建築家スティーブン・ホールの設計で、1998年開館。
f0232598_9203682.jpg

今回はヘルシンキに2日半いましたが、ここに入れず残念でした。
ここに来られる日や時間が、ちょうど休館日や閉館時間にあたってしまいました。
カフェやミュージアムショップも地元の人にも人気があるというので、ぜひ行きたかった場所です。
次回は必ず!!

ここでホテルに戻り、バスで市内観光に出かけました。
・・・北欧(4)に続きます。
[PR]
by the_perfect_sky | 2012-09-29 09:22 | 2012北欧研修