2012年 10月 23日 ( 1 )

ホテルにチェックインしたのが午後2時過ぎ。
翌朝にはストックホルムを発つスケジュールでしたから、
少しでも街を見ようとすぐに出かけました。

ホテルそばのショッピングセンター。
地下にニトリ並みに安い家庭雑貨ショップがありました。
f0232598_1810099.jpg

通りに面した建物は、どこも上の方は住宅です。
f0232598_18102748.jpg

バルコニーにガラス窓を追加してサンルームに改造している家がちょこちょこあります。
Tの標示は地下鉄の入口で、ここはSkunstull駅です。
f0232598_1811592.jpg

郵便ポスト。
f0232598_18113223.jpg

2駅分歩いて街を眺めたあと、Slussen駅から地下鉄に乗って市立図書館に向かいました。
地下鉄はボックスシート。
黄色い手すりがアクセントになっています。
f0232598_18115545.jpg

地下鉄で4駅先のRadmansgatan駅で降りました。
少し歩くと、スウェーデンの代表的建築家グンナール・アスプルンドが設計した市立図書館に到着です。
f0232598_18121354.jpg

f0232598_18123070.jpg

中央の円筒形の部分が3層の書架+吹抜けになっています。
下の写真は、この後デンマークで行ったルイジアナ美術館での北欧建築の展示から、模型と写真です。
f0232598_1813983.jpg

f0232598_18133053.jpg

この図書館、写真で見ている限りはかなり大きな空間だという認識だったのですが、
入ってみると3層の書架はそれぞれ2m程度しかありません。
本の取り出しやすいこと!
また上部の大きい吹抜は壁の仕上がぼこぼこと波打っているので、手作業の痕跡を感じさせます。
そんなところがなんとも温かい。
地中のシェルター?小動物の巣?そんな印象です。

ヘルシンキの建物にも、このスケール感は共通するものを感じます。
こういう親しみやすい空間構成が、見た目のデザイン以上に「北欧」というジャンルを特徴づけるものだと感じました。

この図書館はこの日夜8時まで開いていたので、ずっとここに座っていたい・・・とも思いましたが、
やっぱり街も見たくて、とにかく歩いてみることにしました。

地下鉄のHotorget駅付近。
行きは地下鉄で通り過ぎたところを歩いてみます。
この辺りにあるはずの手工芸品の店に行きたかったのですが、
該当箇所は工事中でした><
f0232598_18143054.jpg

セルゲル広場。後ろに見える建物が文化会館です。
後で知ったのですが、若手アーティストやデザイナーのギャラリーもあったそうで、
ちょっと立ち寄ってみればよかったです。
f0232598_18145170.jpg

王立公園。
f0232598_1815460.jpg

王立劇場。
f0232598_18154434.jpg

図書館からここまで一気に歩いてしまいました。
距離にして3kmくらいです。
インテリアショップなどを探して歩いていたのですが、
デパートが立ち並ぶエリアでうまく見つけることができませんでした。

この王立劇場の少し先にある、
・「スヴェンク・テン」(テキスタイル)
・「カール・マルムステン」(手工芸品)
というショップには行きましたが、
もともと高級店である上にスウェーデンの物価高ですから、目の保養・・・です。

(ちなみに楽天で見ると、スヴェンク・テンの50cm角のクッションカバーは約25,000円。
それよりは本店の方がだいぶ安かったとは思います。)

だいぶ歩き疲れたものの、地下鉄に乗ると景色が見られないので惜しく、
さらに歩き続けました。
f0232598_18161291.jpg

水辺のベンチでお昼寝している人がいます。
f0232598_18164543.jpg

橋を渡ってガムラスタンへ。
正面に見えるのはヘランズホルメン島にある国会議事堂です。
国会議事堂だけがある小さな島です。
f0232598_1817887.jpg

下の写真は、渡ってきた橋。
向こうは法務省や外務省が立ち並ぶエリアです。
橋のある風景はいい!と思っているので、
ストックホルムの橋の多さが、歩いていて楽しかったです。
本来歩いて回るような大きさの街ではありませんが^^;

地下鉄もトラムも路線が少ないので、車社会だというのもうなずけます。
さすが、1千万人に満たない人口でボルボなど4つの自動車メーカーを持つ国だけあります。
f0232598_1817522.jpg

王宮の横から国会議事堂を見る。
アーチが連なって一本の道を通し、官庁街へつながっています。
f0232598_18181179.jpg

再びのガムラスタン。
f0232598_18182942.jpg

f0232598_18185080.jpg

スウェーデンのパトカーを初めて見ました。
国旗と同じブルーと黄色を使っていますね。
比べると、日本のパトカーはモノクロでもすごく目立つデザインですね。
f0232598_1819872.jpg

何事かあったのか消防士さんもいますが、
緊迫感はなかったので誤報だったのでしょうか。
f0232598_18192341.jpg

ガムラスタンの地下鉄入口。
ここからホテルのある駅までたった3つなのですが、
ここまで行きも含めて10kmくらい歩いて疲れてしまいました。
地下鉄で帰ります。
f0232598_18194053.jpg

ガムラスタン駅から次の駅までは間に湖があるので、
地下鉄も地上に出ます。
橋の向こうに国旗カラーのアドバルーン2つ。
f0232598_18195995.jpg

ひたすら歩いて、大きい街だということだけが分かったような・・・。
「まだ何も見ていない」という未練を残したまま去ることになったストックホルム。
帰国してだいぶ経つ今も、
次に行きたい場所を調べて地図にマークしています。

・・・北欧(13)へ続きます。
[PR]
by the_perfect_sky | 2012-10-23 18:27 | 2012北欧研修