+++アアルト自邸の照明+++
f0232598_1015915.jpg


この日は、現地在住の日本人ガイドさんに案内をお願いしている日でした。

行き先は、
○シベリウス公園
○アルヴァ・アアルトの自邸
○アラビアの工場
○工芸博物館
○テンペリアウキオ教会
○元老院広場とヘルシンキ大聖堂
で、名所ぐるり目白押しです。

現地ガイドさんによると、ヘルシンキの持ち家率は約70%。
高負担・高福祉で有名な国ですが、
ほとんどが共働きなので収入を合わせて家の購入に至ります。
マンション住まいが基本で、そう広くないスペースです。

そんな中、長い冬を室内で快適に過ごすための色使いやデザインが生まれてきたのです。


車窓から見たデザインマンション。若い人を中心に人気を集めている建物。
f0232598_10162572.jpg

こちらはテラスがガラス張りのマンション。
夏の日差しが貴重な風土で、テラスの大きさが家のステイタスを決めます。
f0232598_10171397.jpg



シベリウス公園に到着。
フィンランドの偉大な作曲家シベリウスを記念した公園です。
f0232598_10175853.jpg

入江沿いに遊歩道があり、ジョギングやサイクリングを楽しんでいる人をたくさん見かけました。
この日は雨の予報が出ていたそうですが、
予報がはずれて見事に晴れた日曜日を謳歌している様子。
f0232598_10184840.jpg

短い夏の間にどん欲に屋外での暮らしを楽しむ姿勢が、
テラスのある家、カフェのテラス席や木陰のベンチが多い街を形成していることが分かります。

街の中にのんびりできる場所がたくさんあると、旅行者にも心地いいものです。
入江に浮かぶヨットをただ眺めているだけで、
翌日にはヘルシンキを去るのが悲しくなってくるほどでした。

さてこの公園には、シベリウスを称えて制作されたモニュメントがあります。
それがこちら。
f0232598_10192060.jpg

1967 年 エイラ・ヒルトゥネン作。
f0232598_10194396.jpg

すごい迫力ですが、
抽象的なので「シベリウスとなんの関係が?」という批判があり、
あとから隣りに「そのまんまシベリウスマスク」が設置されました。

それがこちら。強面です。
f0232598_1102189.jpg

たまたま春にオーケストラの演奏でシベリウス作曲「フィンランディア」を聴いていたので、
このいかついお顔にもずいぶんと親しみを感じました。

アイスクリームの屋台。
f0232598_10211689.jpg

公園内の公衆トイレ。外観がカッコいいですね。
f0232598_1022730.jpg

ふさがっていたので中は見ないで通り過ぎました。
必死にこらえていた男の子、間に合ったでしょうか・・・。

よく見かけたタイプの大型バス。
サイドミラーが犬の耳型?で色も可愛いのです。
f0232598_1023242.jpg


さて今度はアルヴァ・アアルトの自邸を見学に、郊外の高級住宅地へ向かいます。

アアルト邸向かいのマンション。
f0232598_10244731.jpg

アアルト邸の玄関。
このこじんまりとした感じ、非常に親近感をおぼえます。
ユーロ導入までのフィンランド紙幣に肖像が載っていた人の自邸とは思えないような、
ごくささやかなたたずまいです。
f0232598_10253173.jpg

石のアプローチ階段。
f0232598_10255542.jpg

階段の踊り場から玄関ホールを見る。
f0232598_1029536.jpg

このコンパクトさ!

北玄関から入って南のリビングルームに入ると、
庭の景色が目に飛び込んでくるようなプランです。
f0232598_10293432.jpg

奥はアトリエスペースへ続く引戸になっています。

リビングルーム全景。
f0232598_10391556.jpg

暖炉のコーナー。
f0232598_10394613.jpg

飾り棚。
f0232598_10404840.jpg

リビングとアトリエスペースを仕切っている引戸の取っ手。
どの高さでも掴め、なおかつ目立たないデザイン。
f0232598_10413772.jpg

アトリエスペース。
f0232598_10423063.jpg

窓外の景色が良すぎて見とれてしまい、集中できないかもしれません^^
f0232598_10434211.jpg

アトリエから書庫へ続く階段。
f0232598_2157499.jpg

それにしてこのアトリエの心地よさ!普遍的なものですね・・・。
f0232598_11144095.jpg

ダイニング。椅子はアアルト夫妻が旅先のイタリアで購入したもの。
家具も照明器具も自分でデザインするアアルトですが、
揃いすぎていないのがまたいいですね。
f0232598_10482633.jpg

ダイニングの、キッチン側の壁面。廊下を挟んで向かいがキッチンです。
壁の中央に配膳用の引戸がついています。
f0232598_10492337.jpg

この配膳台を廊下側から見たもの。
やさしいアール形状&真っ白の塗装で、圧迫感を減らしています。
f0232598_11342690.jpg

ドアについているオリジナルの取っ手。
この家の前に完成したサナトリウム用にデザインしたもの。
洋服の袖が引っ掛かりにくいようになっています。
f0232598_10495434.jpg

そう言えば、宿泊しているホテルのドアノブも似た型でした。
f0232598_105046100.jpg

アアルトの発案後、このデザインが一般にも浸透したのですね。
まさにユニバーサルデザイン。

2階のホール。
ここにも暖炉があって、家族の共有スペースになっています。
f0232598_10525926.jpg

2階ホールからバルコニーに出ます。
f0232598_10533877.jpg

この住宅が建った頃は、ここから海が見えたそうです。
今はうっそうと茂った木々の風景。
それもまた良く、癒される場所です。
f0232598_1054227.jpg

2階の個室の窓際にある、オリジナルの照明器具。
お化粧の時に電球の反射がまぶしくないようにするためのデザイン。
f0232598_10544459.jpg

2階の廊下にある天窓。
f0232598_1055714.jpg

大きさもインテリアもすぐに馴染んでくつろげるような家です。
ごく小さい建物の中に、ほっと一息つける場所がいくつもある。
理想の家の形を表していることがよくわかりました。

下の写真は、玄関横の小部屋を利用した今の管理事務所。
f0232598_10554825.jpg

この一角にちょっとだけお土産コーナーがあったので、この家のカタログを購入。
またフィンランドのテキスタイルデザイナー、ヨハンナ・グリクセンのポーチも購入しました。
下の写真のきみどり色のものです。
f0232598_10561085.jpg

ヨハンナ・グリクセンのショップは月曜定休で今回は行けないところだったので、
ここで出会えてラッキーでした。
織りの感じや色使いが、日本の東北地方にもありそうな雰囲気です。

・・・北欧(5)へ続きます。
[PR]
# by the_perfect_sky | 2012-10-03 11:27 | 2012北欧研修
朝の散歩をして一旦ホテルへ戻りました。
朝食の時間です。
f0232598_9124232.jpg

私は珍しいものはまず食べてみる方です。
麦?のおかゆは砂糖とシナモンをかけています。
右のお皿の手前は、Karjalanpiirakka(カルヤランピーラッカ)というパン。
パンというには硬めの生地の中に、煮たお米がフィリングとして入っています。
うっすらと甘みがありました。

他には豆のトマトスープ煮、
酢漬けニシン、ニシンのマスタードあえ、
酸味のつよいナッツ入りの黒パンと酸味の少ないクリームチーズなどなど。

下の写真はシリアル台。
f0232598_9131822.jpg

チーズやシリアルは種類が豊富で、
スモークサーモン、酢漬けのニシン、生ハムは欠くことなくありました。
f0232598_2150414.jpg


生野菜はレタスときゅうり、トマト程度ですが、ドレッシングは置いていません。
オリーブオイル、塩こしょうで自分で味付けました。

毎日このような食事でしたが、日本食が恋しくなるようなこともなく、
日々いろんな組み合わせを楽しみました。
f0232598_9141621.jpg

朝食をとるレストランの一角、暖炉が燃えています。
この時の外気温、16℃。
食後はまたホテル周辺の散歩へ出かけました。

ホテルから歩いて10分くらいのところにあるミュージックホール。
2011年9月にオープンしたばかりです。
f0232598_9145722.jpg

フィンランド大使館のHPに建設の経緯が詳しく書かれています。
このすぐ先にある「フィンランディアホール」は、
アルヴァ・アアルト最後の作品として記念碑的建築ですが音響には難があり、
新しい音楽ホールの建設が待たれていたヘルシンキ。

2000年のコンペでフィンランドのLPR設計事務所が決まり、
音響設計で世界的に評価の高い、日本の永田音響設計との協力により完成に至ったということです。

次にヘルシンキに行けたら、ここでオーケストラを聴きたいです。
内部の写真が紹介されているのを見ると、内装がメタルと木材のミックスでカッコいい!
音響の良さも間違いないようです。

ミュージックホール前の彫刻。
鮭と薪?
さすがサーモンが有名で暖炉が身近な国、ということでしょうか^^
f0232598_9151469.jpg



ミュージックホールを過ぎてフィンランディアホールに向かう途中、
可愛いこじんまりした建物がありました。
f0232598_9161665.jpg

2階の中央にかかっている看板に、「MADE IN HKI 1700-2012」とあります。

ここは博物館の別館として、ヘルシンキ製品の歴史を辿る展示をおこなっている場所でした。

ヘルシンキは今年、国際インダストリアルデザイン団体協議会により選定された
「ワールドデザインキャピタル」
なのです。

「ワールドデザインキャピタル ヘルシンキ2012」
http://wdchelsinki2012.fi/en

2008年に始まったばかりのこの取り組み、
2008年のイタリア・トリノ、2010年の韓国・ソウルに続くのが、今年のヘルシンキです。

「デザインで都市の文化や経済を発展させ、生活の質を向上させている都市」として選ばれており、
今年ヘルシンキ周辺ではそういったテーマで様々なイベントがおこなわれています。

日本ではインテリア系のサイトや雑誌などに少し取り上げられる程度で、
私も開催の全容はよくわからないままヘルシンキに来てしまったのですが、
ここもそのイベントの一つだったようです。
朝早くて開館していなかったのが残念。

敷地内の別棟。
f0232598_9164895.jpg

これは元納屋?草屋根です。
f0232598_9171193.jpg

さらに歩いて、フィンランディアホールに到着。
アルヴァ・アアルト設計で1970年代に完成した、国際会議場兼音楽ホール。
f0232598_9173481.jpg
f0232598_9181553.jpg

f0232598_9184486.jpg

写真集などでは白い塊のように見え、もっと大きな建物を想像していました。
実際大きい建物ではありますが、近づいてみると人を威圧するような感じがありません。
大理石の模様や貼り方のためか、入口フロアの天井の低さのためか?

内部もたぶん、建物の大きさのわりには親しみやすい空間なのではないかと想像しました。
中に入れないとつまらないですね。

ここからマンネルヘイム大通りを通って、ホテルに向かって引き返します。

国立博物館。
中央駅を設計したエリエル・サーリネンも設計者の一人です。
f0232598_9192591.jpg

国会議事堂。
f0232598_9201512.jpg

フィンランドは長くスウェーデン→ロシアの支配下にあり、ようやく独立したのが1917年。
ヘルシンキが正式な首都になったのもこの時で、
この後サーリネンらによって都市の再開発がされています。
そのため20世紀初頭に建築されたものが多く、他のヨーロッパの主要都市と比べてずいぶん新しい街です。

ヘルシンキ現代美術館キアズマ。
アメリカ人建築家スティーブン・ホールの設計で、1998年開館。
f0232598_9203682.jpg

今回はヘルシンキに2日半いましたが、ここに入れず残念でした。
ここに来られる日や時間が、ちょうど休館日や閉館時間にあたってしまいました。
カフェやミュージアムショップも地元の人にも人気があるというので、ぜひ行きたかった場所です。
次回は必ず!!

ここでホテルに戻り、バスで市内観光に出かけました。
・・・北欧(4)に続きます。
[PR]
# by the_perfect_sky | 2012-09-29 09:22 | 2012北欧研修
ヘルシンキで迎える初めての朝。
早々に目が覚めてしまいましたが、この日は日曜日。
ホテルの朝食が遅い8時からでしたので、
その前にホテル周辺の散歩に出かけました。

ホテルのカフェ入口。
ガラスを多用したモダンな造り。
f0232598_181125.jpg

中央の柵は、トラム(市電)の停車場の範囲です。
f0232598_18115891.jpg

日曜日の朝7時半ごろ。人通りはまだありません。
f0232598_18124673.jpg

横断歩道。色違いの石使いで舗装されています。
f0232598_18192934.jpg

ホテルから5分ほど歩くと、ヘルシンキ中央駅に着きます。
f0232598_1820789.jpg

エリエル・サーリネンの設計で、1919年竣工。
f0232598_18204857.jpg

木製のドアを開けて中に入ります。
f0232598_18212094.jpg

外形のままのドームの高さに対し照明をかなり低い位置まで下げているので、
大きな空間なのに圧倒するような権威的なところがなく、落ち着けます。
f0232598_18214877.jpg

列車を待つのも苦にならない!?
スレートと木、漆喰のレリーフの取り合わせによる装飾も、なじみやすい雰囲気を醸している一因かもしれません。
f0232598_18222147.jpg
f0232598_18225550.jpg

f0232598_18232230.jpg

下の写真、木製スタンドはお寿司のテイクアウトショップです。
f0232598_18241371.jpg

3都市とも、お寿司屋さんはよく見かけました。
サーモンや貝の類が多いです。
f0232598_1824588.jpg

日曜の朝の静かな駅を堪能して、また街に出ました。

R kioski。コンビニのようなもので、ところどころで見かけます。
f0232598_18253533.jpg

ポップな構えでありながら、基調色のブルーと黄色が抑えめの色みです。

中央郵便局。オレンジ色と空色がテーマカラー。
f0232598_1826578.jpg

R kioskiもそうですが、ポップなデザインでも町なかで浮かない匙加減。いいですねぇ。
下の写真はポスト。
f0232598_18265489.jpg



郵便局を通りすぎて、視界が開けた方向へ歩いていきます。
f0232598_18273162.jpg

左の丸みのある建物が「現代美術館キアズマ」、その奥のガラス張りが「ミュージックホール」。
さらに奥に小さく見えている白いトンガリが、
フィンランドの英雄的建築家アルヴァ・アアルト設計の「フィンランディアホール」です。

ぶらぶらとお散歩をするのにいい天気。この日もよく晴れました。
この時期はわりと雨の日もあり、降ると冷え込むと聞きましたが、今回の旅の間、総じて天気には恵まれました。
3都市の現地ガイドさん全員に「昨日まで雨でずいぶん寒かったのに、今日は晴れてよかったですね」と言われました・・・!
f0232598_1828577.jpg


・・・北欧(3)へ続きます。
[PR]
# by the_perfect_sky | 2012-09-27 18:37 | 2012北欧研修
f0232598_1510422.jpg

2012年8月25日~9月1日の8日間、
ミタス一級建築士事務所の海外研修として、北欧3都市を巡りました。

フィンランドのヘルシンキ、
スウェーデンのストックホルム、
デンマークのコペンハーゲン。

特有のデザインが日本でも大人気のこの3都市で見てきたことを、
16回にわたりご報告します。
---------------------------------------------------

8月25日(土)、成田空港からヘルシンキへ向かいました。
フィンランド航空の直行便で飛行時間9時間30分です。
時差はこの時期6時間。
ヨーロッパの中では移動がラクなほうです。

真っ白な機体に濃紺の「FINNAIR」ロゴと、
Fを象ったシンボルマークのみのシンプルさ。
f0232598_15172239.jpg

f0232598_2215791.jpg

グッズ類は白・紺・水色の幾何学模様。
f0232598_15585727.jpg

制服がクラシックなワンピーススタイルで素敵なのです。
f0232598_15595064.jpg

ブランケットは若草色でした。
湖水と森の国フィンランドらしい色づかいです。

現地時間の14時半ごろヘルシンキ空港到着。
ヘルシンキの中心地にあるホテルへ向かいます。

f0232598_160569.jpg

ヘルシンキ市内/SOKOSデパート前。
よく晴れています。この時の気温、19度。
街を行く人も長袖が多いですね。
日本の残暑から抜け出してきた身には、肌寒く感じるほどです。

ホテル スカンディック シモンケンタに到着。
f0232598_1655447.jpg

裏手の大型ショッピングセンター「Kamppi」と地下でつながっています。

こじんまりしたロビーは紺と赤茶がベース。
f0232598_167026.jpg

f0232598_1675932.jpg

ホテルのロビー横の洗面室。
グレーの板が水を受ける手洗い器と自動水栓で、
すっきりしたデザインです。
f0232598_1685070.jpg

ここもスペースは狭く、奥行きのない場所ですが、
水はねでカウンターや床を汚す心配なく使えます。

さらに用心のためか、
自動水栓の吐水時間は10秒あるかどうかに短く設定されていました。

客室の廊下は赤を効かせていました。
f0232598_1694735.jpg

ツインの客室は、ごく小さい部屋です。
f0232598_16102943.jpg

そんなスペースこそ、居心地をよくする工夫が重要になります。
部屋の片隅。
f0232598_16121178.jpg

ほっそりしたスタンド&縦に2枚並べた額で、
縦の方向性を強調。
ちなみにカーテンも縦のストライプです。
一人掛けのソファも、背もたれや手掛けが薄く、脚も細いデザイン。

圧迫感のないデザインのものを選定することで、
狭いスペースでもくつろげる場所になります。

デスクの細い脚。
先端の金属部分が引き出しのつまみとリンクして、軽快な印象です。
こんなところも、小さい部屋の家具選びをする際の参考になります。
f0232598_16171929.jpg

バスルーム。
f0232598_16181115.jpg

部屋に落ち着いたところで、
近くのショッピングセンターやスーパーを見に出かけました。

ショッピングセンターの地下にある地下鉄の入り口。
シンボリックな形で、待ち合わせの目印によさそうです。
天井の間接照明がまた雰囲気あります。
f0232598_1619548.jpg

スーパーのお惣菜売り場。
f0232598_16194752.jpg

4サイズのプラ箱から大きさを選び、好みのお惣菜を詰めてもらいます。
ふたはラップをかけているのみ。

買ったお惣菜はミートボール、小海老のタルタル、スモークサーモンのサラダ。
f0232598_16205254.jpg

ミルクのボトルは軽快な牛さんのイラスト。
フィンエアーのグッズと同じ配色。
f0232598_16214414.jpg

f0232598_16224687.jpg

他に買ったものは、
Fazerのチョコレート。フィンランドの有名なチョコレート店です。
PENTIKという陶器などを扱う店の紙ナプキン。
ここの製品はあまり日本に入ってきていないのですが、
やわらかい色使いでシックなものが多かったです。

他はシャンプー&リンス、キャンディ、ムーミン柄の歯磨き粉。
パッケージ買いです。
可愛くて、ついつい。

また、ショッピングセンターの地下にあった本屋さんでは、
フィンランドでの初ムーミンを発見。
このあといろんな場所で出会うことになるのですが、
この時は感激してつい購入。
f0232598_16235460.jpg

レジで店員さんに、「切手もいりますか?」と聞かれました。
すぐにエアメールを出したかったのでお願いすると、
いろんな切手が入ったファイルを取り出して、これを選んでくれました。
エアメール4通分です。
f0232598_16245461.jpg

シールになっていて、4ヶ所の出っ張り部分を離して切手として使えるものです。
「わぁ珍しい!」と嬉しくなり、親切な店員さんに感謝して買ってきました。

翌日現地ガイドさんに見せたところ、
1700人しか使う人のいない特殊な言語を記念した切手で、ごく珍しいものだということでした。

金額もなにも書いていないので本当に使えるのか?とやや半信半疑でしたが、
後日無事に届いたことも確認でき、
ヘルシンキの親切な店員さんに日本からあらためて感謝の念を送っています^^

・・・北欧(2)へ続きます。
[PR]
# by the_perfect_sky | 2012-09-23 15:57 | 2012北欧研修
f0232598_1247394.jpg

鎌倉・報国寺の竹林。
空気まで竹の葉色に染まっています。
[PR]
# by the_perfect_sky | 2011-06-09 12:48 | 町の中のいろ